RYUHEIの超人パフォーマンス及びマジックショーの一部をここに紹介します。

気になるものがありましたらショーのご依頼の際にお伝えください。



パフォーマンスの一部を動画で紹介。

《超人技》

RYUHEIはマジシャンだが、ただ不思議な魔法よりも、もっと現実的でリアリティのある、タネや仕掛けのない本物のパフォーマンスを得意とする。子供だけでなく大人も楽しみやすい。

 

Fire eating -火喰い-

ファイヤーイーティングで火を咥えているマジシャンRYUHEI

ファイヤーイーティング。松明の燃えさかる炎を口で咥えたり喰べたりするパフォーマンス。1000度を超える熱い炎に耐えるため、カナダの地へ渡り過酷な肉体的訓練と精神的修業を行い自己を鍛える。

RYUHEIは日本でも数少ないファイヤーイーターの1人。

sword swallowing -剣呑み-

マジシャンRYUHEIがリンゴの刺さった剣を持っている
剣呑み込み術。50cmの剣を口から喉と食道を通らせ、胃の底まで飲み込む危険なパフォーマンス。長い鍛錬によって可能となる技術。

mnemonics -記憶術-

ルービックキューブを持ったマジシャンRYUHEI
記憶術のデモンストレーション。
観客が混ぜたルービックキューブの配色を短時間で記憶し、目隠しをした状態で自己の記憶のみを頼りに6面揃える。
    実演①→https://youtu.be/-C8-HscCB2M
    実演②→https://youtu.be/kqqxzoJqhBQ

blindfold -目隠し-

目隠しをして刀をもったマジシャンRYUHEI
目隠しをした上に隙間などが出来ないようにアルミホイルで頭を覆う。視覚を完全に奪われ、信じられるものは鍛え上げた自己の記憶や感覚、聴覚のみ。日本刀を使い、観客の身体を傷付けずに持ってもらったターゲットのみを的確に切っていく。緊張感のある危険なアクト。

mentalism -メンタリズム-

ハットを手で押さえるマジシャンRYUHEI
心理学や人間行動学、脳科学、催眠術などで使うテクニックを元に観客の心を読んだり、マインドコントロールしたりする心理的なパフォーマンス。

human calculator -人間計算機-

数字の背景とマジシャンRYUHEI

速算。フラッシュ暗算の要領で、観客にランダムで言ってもらった数桁の数字をいくつか足したり掛けたりして、計算機よりも速く、人間の限界を超えたスピードで計算し、答えを導き出す。

計算をテーマにした珍しいパフォーマンス。

Pickpocket -スリ-

スリのデモンストレーションパフォーマンス。
犯罪の技術やミスディレクションなどの心理的な技術を使って、観客のポケットからバレないようにサイフやスマホを盗み出す。

REGURGITATION -人間ポンプ-

人間ポンプ。訓練によって可能になる体内の器官をコントロールする技術。飲み込んだボールや金魚を胃から逆流させる古典芸能。

hypnotism -催眠術-

催眠術と聞くとオカルト的なイメージを持つ者も多いが、海外では治療などにも使われる科学で立証された技術。
観客に幻覚をみせたり食べ物の味を変えたりする事ができる。


escapology -脱出術-

伝説のマジシャン「ハリー・フーディーニ」の伝説を再現した演目。タネや仕掛けのない脱出をテーマに、あえて観客から全て見えた状態で脱出に挑戦する。

    実演→https://youtu.be/G5XikC2aKxA



Rubik's cube juggling -ルービックキューブジャグリング-

混ざった3つのルービックキューブをジャグリングしながら揃える。脳と身体の両方を使うため凄まじい集中力を要する。日本でRYUHEIにしか出来ないパフォーマンス。

《マジックショー》

マジックと聞くと鉄の輪がつながったり、ハンカチの色が変化したり、花が出たりするようなマジックをイメージするかもしれないが、RYUHEIはリアリティのある仕掛けを感じさせないパフォーマンスを得意とする。

 

metal bending -メタルベンディング-

ストリートでフォーク曲げをしているマジシャンRYUHEI
スプーン曲げ。サイキックアクト。
スプーンやコインなどの硬い金属を触らずに動かしたり、力を使わずに曲げたりする超能力のようなマジック。

levitation -浮遊-

アシスタントの女性の身体を浮かせているマジシャンRYUHEI
レビテーションマジック。物を浮かせるパフォーマンス。
空を飛ぶことは古くから人類の夢だった。観客から借りた道具や大きなテーブル、さらには観客自身が浮かび上がる。夢のあるマジックショー。

illusion -イリュージョン-

何台かのイリュージョン道具の前にいるマジシャンRYUHEI
イリュージョンは日本語で「幻想」や「錯覚」という意味。大きな道具や演出効果を使ったマジック。
人体浮遊や人体切断など、観客が多い環境で遠くからでも見やすいパフォーマンス。

RUSSIAN ROULETTE -ロシアンルーレット-

海外発祥の命を賭けた危険なギャンブル。リボルバーの中に銃弾は1つだけ。
自分の中の第六感だけを信じて的確に空砲のみを当てていく。


kids show -キッズショー-

子供向けマジックショー。大人が面白いと感じる物と子供が面白いと感じる物は大きく異なる。小さい子供でも現象が理解しやすく、笑って盛り上がることのできるコメディマジックメインで構成したパフォーマンス。

《アーティスティック》

ただ盛り上がるだけのパフォーマンスとは一味違う演目。
RYUHEIによって芸術的でアーティスティックに昇華されたエンターテイメントショー。

OPTICAL ILLUSION -錯視-

錯視や錯覚をテーマとした動くアートの様なパフォーマンス。
無限を意味する8の字のリング(エイトリング)で時計や歯車を表現する。


LED LIGHT PERFORMANCE -LEDライトパフォーマンス-

最新の科学技術を使用した最先端のLEDパフォーマンス。
光をテーマにマジックやジャグリングを組み合わせて演じる。


MASK CHANGE -変面-

中国の伝統芸能の1つで、着けている面を瞬時に変えるパフォーマンス。その秘密は門外不出、中国の一級国家機密にも指定されている。RYUHEIは世界でも数少ない変面を習得したマジシャンの1人。

Contact Juggling -水晶玉-

水晶玉を空中に固定して浮いているように見せるパフォーマンス。
コンタクト(contact)とは「接触」を意味し、水晶玉を身体から離さずに指先のテクニックや腕のバランス感覚などの純粋な技術のみで魅せる不思議で神秘的なジャグリング。